ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯
ノナカデンタルクリニックのblogへようこそ

福岡市博多区の歯医者、歯科・矯正歯科ノナカデンタルクリニックです。
マイクロスコープを用いた歯周病治療、根管治療、虫歯治療や審美歯科、矯正歯科、インプラントを行っています。
また、部分入れ歯や総入れ歯の治療も十分な対応が可能です。
患者様の口腔全体の健康、機能と審美性の回復を目指しています。

歯のお悩みならお気軽にご相談下さい
院長 野中紀宏

根管治療の準備

根管治療 ノナカデンタルクリニック根管治療 ノナカデンタルクリニック

根管治療をするとき、クラウンやコアが入っている歯は、それらを外してしまわないと根の治療ができませんが、それだとラバーダムが使えなかったり、歯の中にばい菌が入り込みやすい状態になります。それでレジンで隔壁を作ったり、テンポラリークラウン(仮歯)を作って接着したりします。そうしてラバーダムが使えるような状態にして、やっと根の部分の治療に入ります。煩雑ですが、その方が術者も患者さんもストレス少なく治療できるんです。

ノナカデンタルクリニック

http://nonaka-dc.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 根管治療の準備
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2016年6月10日  カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »

本日のメタルボンドブリッジ

本日のメタルボンドブリッジです。右上の第1小臼歯から左上の側切歯までの6本連結ブリッジです。
今日も真っ白な前歯ではありません。自然な前歯です。
ジルコニアセラミックと違い、内部にはセミプレシャスメタル(貴金属)を用いてあります。そのため光の透過性に劣りますが、それでも自然な感じの歯が再現できます。メタルボンドブリッジ/ノナカデンタルクリニックメタルボンドブリッジ2/ノナカデンタルクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 本日のメタルボンドブリッジ
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2016年2月23日 タグ:
カテゴリー: 審美歯科, 差し歯, 未分類 | コメントはまだありません »

ジルコニアオールセラミッククラウン

前歯6本ジルコニアオールセラミッククラウンです。目指したのは真っ白な前歯ではなくて、自然な歯。

ジルコニアセラッミッククラウンは、歯が自然に美しく、強度があり汚れやバイ菌がつきにくく清潔です。もちろん削った歯が隙間なく被せてないといけません。

ノナカデンタルクリニック

ノナカデンタルクリニック/ジルコニアセラミッククラウン1


ノナカデンタルクリニック/ジルコニアセラミッククラウン2


ノナカデンタルクリニック/ジルコニアセラミッククラウン3

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ジルコニアオールセラミッククラウン
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2016年2月22日  カテゴリー: 審美歯科, 差し歯 | コメントはまだありません »

ペリオウェーブ・システム

 歯周病菌の新しい殺菌システムのご紹介です。ペリオウェーブ・システムといいます。

 ペリオウェーブ・システムは、抗菌光線力学療法(a-PTD)です。
光感受性物質(メチレンブルー)を歯周ポケット内に注入し、非熱ダイオードレーザー光をポケット内で照射します。照射には、非熱ダイオードレーザー光発生装置のペリオライトを用いて、60秒間行います。
 ペリオウェイブ・システムを応用する際には、歯石除去などの歯周基本治療が併用して行われます。良好な治療成績のためには、歯石除去など歯根面の処置に拡大治療が必須だと思います。
 
ノナカデンタルクリニック
ペリオライト

ペリオライト

非熱半導体レーザー/ペリオライト
照射中



ペリオウェーブ

ペリオウェーブによる歯周ポケットの殺菌



 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ペリオウェーブ・システム
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2014年12月18日  カテゴリー: 歯周病/パーフェクトペリオ | コメントはまだありません »

前歯の根管治療の経過

 一度は終了下値の治療ですが、やり直しの治療が必要になってくることがしばしばあります。

 既にクラウンや金属のポストが入ってる場合がほとんどですので、これらを削り取ってはずさなければ治療ができません。また、前歯の場合は仮の歯が必要になります。根管の中につめてあるものや感染組織をきれいにして、ねのなかをかずりなおし、消毒いたします。そして再びつめ直します。

 下のレントゲン写真は上の前歯ですが、右側の歯の根の先の周りに黒い影があります。根の中で細菌が増殖した影響が、根の外側に影響しているのです。
 2枚目のレントゲン写真、は再治療が終了した直後です。3枚目は治療終了後、数年経過したところ。根の先あたりにあった黒い影が消えてきています。原因は根っこの中ですから、根の中をきれいにすると外側の骨や歯ぐきが治っていきます。

ノナカデンタルクリニック

根管治療 前

根管治療 治療前



根管治療 直後

根管治療 直後
ノナカデンタルクリニック



根管治療 数年経過後

根管治療 数年経過後
ノナカデンタルクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 前歯の根管治療の経過
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2014年12月6日  カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »