ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

2008年12月 のアーカイブ

部分入れ歯/歯を残す?歯を抜く?

部分入れ歯をお作りするとき、どの歯を残し、どの歯は抜かなければならないかというのは重要な問題です。
もちろん、できるだけ抜かずに残すことが望ましいのですが、それにこだわりすぎるとかえって良くない結果になってしまう事もありますから要注意です。
かといって、ぐらぐらしている歯はみんな抜いてしまうのかといえば、そうではありません。
とくに適合、設計の良くない部分入れ歯をはめていたり、かみ合わせで歯が激突しているときには、そのことを取り除いてやることが大切です。
歯周病は細菌感染によって引き起こされますが、歯がぐらぐらするとき、歯に過剰な力がかかっています。
また、細菌が増殖しやすいような不良な補綴物も、取り除いてやることも必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 部分入れ歯/歯を残す?歯を抜く?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2008年12月7日 日曜日 カテゴリー: 部分入れ歯 | コメントはまだありません »