ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

2007年11月 のアーカイブ

歯を抜くとき、心配なこと/即時義歯、再掲

患者さんは、ブリッジや入れ歯、インプラントになるとき、歯を抜くことになります。
この時、患者さんに、この歯はもう抜いた方がいいですよ。と申しますと、必ずこうおっしゃいます。「抜いたら、後はどうなるんですか?」そして、「新しく歯が入るまでの間、抜けたままですか?」
患者さんは、歯を抜くこともですが、その後のことをご心配されます。当然ですね。
また、それが前歯を抜くとなると、ご心配は倍増します。前歯が抜けたままでは、診療台から降りるわけにはいかないですよね。それならば、患者さんの歯を抜く以前に、代わりの歯をご用意しておかねばなりません。そしてそれが入れ歯であれば、以前のエントリーでもご紹介した「即時義歯」の出番。ということになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 歯を抜くとき、心配なこと/即時義歯、再掲
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年11月10日 土曜日 カテゴリー: 入れ歯 | コメントはまだありません »

矯正歯科は、審美歯科

矯正歯科は、審美歯科ですよね。

出っ歯や受け口、乱杭歯(=前歯の凸凹)が治ります。

歯茎のラインが揃ってきます。

歯、口元をへこませたいとき、前歯がはえている歯茎の部分からへこませるので、プロフィールが良くなります。

全体のかみ合わせが良くなれば、顔が引き締まった感じになります。

などなど。

セラミック矯正とか審美矯正って知ってますか?呼び方はいろいろあるみたいですけど、セラミックを使って、削って被せる治療だけで歯並びを治すやつです。

それは、歯が凸凹で、歯茎のラインが揃っていない場合。セラミックやっても、歯茎の凸凹は揃わないし、出っ歯のときは歯を折り曲げるようにして矯正するから、歯茎の部分はへこまないので、プロフィールは良くなりません。また、この場合、歯の神経をとります。などなど。

矯正装置を着けるのは、仕事上無理という方が、もちろんいらっしゃいます。そのような方は、歯の裏側に装置を着ける舌側矯正(=ゼッソクキョウセイ)となります。

矯正歯科のブログをかなりさぼってしましました。また今月から、症例などもアップできるようにがんばります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 矯正歯科は、審美歯科
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年11月8日 木曜日 カテゴリー: ホワイトニング, 矯正歯科 | コメントはまだありません »

差し歯の色


メタルボンドやオールセラミッククラウンとか、差し歯で前歯の治療をするとき、差し歯の色はどうしますか?

1本だけ治療した場合はどうしましょうか。せっかくだから白い歯を入れますか。それとも、まわりの歯とそっくりにしてもらって、どれが差し歯だかわからないようにしてもらいましょうか。
では、上の前歯6本治療する場合はどうしましょう。下の前歯にあわせますか?そんな必要はないと思います。きれいな歯にしたらいいでしょう。
まわりの歯の色と、少しでも違うのが許せない人もいらっしゃると思うけど、左右対称に同じ色だと、けっこう許せる感じです。 白くない自分の歯は、ブリーチングしたらいいでしょう。ホームホワイトニングがいいと思いますが、1~3本ぐらいならオフィスホワイトニングでもいいでしょう。
差し歯の色はどうするか。事前に良くお話してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 差し歯の色
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年11月5日 月曜日 カテゴリー: 差し歯 | コメントはまだありません »

テレスコープデンチャーその2

入れ歯が一般に不評なのは、ずれたり動くから、痛いし気持ちが悪いのでしょう。
これが、ブリッジやインプラントみたいに、動くことがなければ、快適なわけです。
テレスコープ義歯は、かなりしっかりと、歯列におさまってくれます。しばらくすると、外すのが大変なほどです。もちろん維持力の調整はできるのですが、それほどしっかりとした維持力を発揮します。
例えば、上顎の右側にだけ歯が残っていた場合、それらの歯に金具をかけても、左側で物を噛むと義歯は左に傾きます。その時、右側の金具は歯からずれ下がり、外れようとします。このような状況でも、右側がテレスコープであれば、かなり対応できるようです。



上の写真は、右側の犬歯、小臼歯2本、大臼歯1本が残った患者様に、テレスコープ義歯を装着したところです。維持力がいいので、上あごの部分はくりぬいて、装着感を良くしてあります。入れ歯の金具はありません。
下の写真は、テレスコープ義歯を裏側から見たところです。右側の歯が残っている部分に、精密な装置が組み込んであります。この装置は、残っている歯の状態によっていろいろなタイプのものがあります。その設計が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - テレスコープデンチャーその2
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年11月2日 金曜日 カテゴリー: 部分入れ歯 | コメントはまだありません »