ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

‘総入れ歯’ カテゴリーのアーカイブ

総入れ歯.2


総入れ歯製作しました。
本当に上下1本も歯がなくて、長年生活されていた患者さんで、入れ歯の経験はゼロです。
困るのは、
歯があった頃のかみ合わせの位置というものをまったくお忘れになっていらっしゃるということです。
たいへんでしたが、
やりがいのあるお仕事ではありました。たいへん勉強になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 総入れ歯.2
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2012年2月2日 木曜日 カテゴリー: 総入れ歯 | コメントはまだありません »

7月に作った総入れ歯



 7月に作った総入れ歯です。下は部分入れ歯でした。歯ぐきの土手の周囲にある頬や唇などの筋肉の動きを写し取ってあります。入れ歯のピンク色をした部分がでこぼこしているのはそのためです。筋肉の動きにうまく対応していないと、口を開けたりおしゃべりをすることで入れ歯は外れてしまいます。
上の総入れ歯は、このように前からみると、上に向かって開いた形をしています。この総義歯は、すべてプラスチック(レジン)でできていますが、ピンク色の部分も人工歯も良い材料を使って製作してあります。また、型取りなどにも少し手間がかかっております。特にピンク色の部分は、製作時に寸法変形が少なく、使用に際しては、臭いの着きにくいレジンが用いられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 7月に作った総入れ歯
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年9月12日 水曜日 カテゴリー: 総入れ歯 | コメントはまだありません »

総入れ歯になるとき/即時義歯

 患者さまが、総入れ歯になるとき。それは、いろいろなケースがあるのですが、部分入れ歯からの移行でない場合、歯を抜いてすぐに、入れ歯が必要な時があります。
重度に、広範に進行した歯周病やインプラントの失敗のケースが多いです。この時、いままで曲がりなりにも体裁を保っていた前歯が、すべてなくなってしう訳ですから、歯医者を、そのまま出るわけにはいかないでしょう。それに食事もできません。
その場合、事前に、歯を抜く前に、入れ歯をご用意しておく必要があります。即時義歯といいます。
即時義歯は、患者さまに、まだ歯がある時点で、お口全体の上下の歯型とかみ合わせの型をとり、模型を作ります。その模型上で歯の部分を削り、義歯を作製します。これを準備し、患者さまの歯を抜歯後、装着するものです。
すぐに十分機能できるものではありませんが、審美的に、また食事の面でも、どうしても必要なものとなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 総入れ歯になるとき/即時義歯
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年2月27日 火曜日 カテゴリー: 総入れ歯 | 4件のコメント »

総入れ歯



 中洲の歯医者です。本日より、入れ歯(総入れ歯、部分入れ歯)についてのブログの開始です。
はじめに総入れ歯について。
総入れ歯は、1本も歯がない患者さんがお使いになります。上下総入れ歯の患者さんです。上の写真のような入れ歯を、かならず上下ペアで使用します。上下顎総義歯といいます。これに対し、上顎または下顎のみが総入れ歯の方がおられます。それぞれ上顎総義歯、下顎総義歯といいます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 総入れ歯
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2007年2月20日 火曜日 カテゴリー: 総入れ歯 | コメントはまだありません »