ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

‘根管治療’ カテゴリーのアーカイブ

根管治療の準備その2

以前の根管治療の準備の投稿に対するコメントで、何のことやらわからないとありましたので、再度。

ラバーダムシートというゴムの薄い20センチ四方ぐらいのやつがあって、これを治療中歯に被せておくことによって、唾液の中などの細菌から歯を守ることができます。シートをくぐらせる歯は、治療目的の歯だけのこともあるし、周りの歯を含めることもあります。シートの抑えに金具やそれ以外の材質の器具が使われます。
ラバーダムシートは、歯を唾液の汚染から守るだけではなく、治療中の水がお口であふれたり薬液がお口に漏れることを防ぎます。


ノナカデンタルクリニック/根管治療の準備その2

右上の前歯の治療、ラバーダムシートがかけてあります。右上前歯は仮歯になっています



ノナカデンタルクリニック/根管治療の準備その2

歯の裏側から見るとこんな感じです。右上前歯は裏側に穴を開けてあります。写真は鏡に映ったものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 根管治療の準備その2
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2016年6月17日 金曜日 カテゴリー: 審美歯科, 差し歯, 根管治療 | コメントはまだありません »

根管治療の準備

根管治療 ノナカデンタルクリニック根管治療 ノナカデンタルクリニック

根管治療をするとき、クラウンやコアが入っている歯は、それらを外してしまわないと根の治療ができませんが、それだとラバーダムが使えなかったり、歯の中にばい菌が入り込みやすい状態になります。それでレジンで隔壁を作ったり、テンポラリークラウン(仮歯)を作って接着したりします。そうしてラバーダムが使えるような状態にして、やっと根の部分の治療に入ります。煩雑ですが、その方が術者も患者さんもストレス少なく治療できるんです。

ノナカデンタルクリニック

http://nonaka-dc.net/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 根管治療の準備
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2016年6月10日 金曜日 カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »

前歯の根管治療の経過

 一度は終了下値の治療ですが、やり直しの治療が必要になってくることがしばしばあります。

 既にクラウンや金属のポストが入ってる場合がほとんどですので、これらを削り取ってはずさなければ治療ができません。また、前歯の場合は仮の歯が必要になります。根管の中につめてあるものや感染組織をきれいにして、ねのなかをかずりなおし、消毒いたします。そして再びつめ直します。

 下のレントゲン写真は上の前歯ですが、右側の歯の根の先の周りに黒い影があります。根の中で細菌が増殖した影響が、根の外側に影響しているのです。
 2枚目のレントゲン写真、は再治療が終了した直後です。3枚目は治療終了後、数年経過したところ。根の先あたりにあった黒い影が消えてきています。原因は根っこの中ですから、根の中をきれいにすると外側の骨や歯ぐきが治っていきます。

ノナカデンタルクリニック

根管治療 前

根管治療 治療前



根管治療 直後

根管治療 直後
ノナカデンタルクリニック



根管治療 数年経過後

根管治療 数年経過後
ノナカデンタルクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 前歯の根管治療の経過
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2014年12月6日 土曜日 カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »

根管治療で、大きな膿みの袋のある歯を治療してみる

虫歯や、治療の中断などで歯の状態が悪化すると、歯が生えている骨の中で、膿みの袋ができることがあります。ときにはそれが化膿して、歯ぐきにニキビのようなのができたり、腫れたり痛んだりすることもあります。でもだいたいは、あまり症状を感じることは無いようですが、ある日歯医者に行ってレントゲン写真を撮ってみると、根の先あたりが黒く写っています。
この歯の外側にできた黒い影の原因は、歯の中にあることがほとんどですから、治療は歯の中の治療になります。根管治療を行います。
それで、大きな膿みの袋もしだいに治癒に向かうこともあります。ゆっくりですけど。・・・根管治療しても治らない場合は、歯根端切除を行うことがあります。

ノナカデンタルクリニック/根管治療.4

大きな膿みの袋を作った歯、根管治療前



ノナカデンタルクリニック/根管治療.5

根管治療後、大きな膿みの袋が根管治療を行うことで縮小

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 根管治療で、大きな膿みの袋のある歯を治療してみる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2014年12月1日 月曜日 カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »

根管治療、器具の除去

根管治療でマイクロスコープを使います。

マイクロスコープを使うことよりも、ラバーダムを使うとか。隔壁を作るとか、テンポラリークラウンを被せるとか、Ni-Tiファイルを使うとかいろいろ大事なことはありますが、やっぱりよく見えることは大切です。

歯の中に折れ込んだ器具は、根っこの入り口付近なら、ルーペでもなんとか見えますが、根っこの先にあるのはマイクロでないと見えません。下のレントゲン写真は、そんな器具をとったところ。

マイクロスコープ

マイクロスコープ



ノナカデンタルクリニック/根管治療.1

根先部に折れ込んだファイルの除去前には、マイクロスコープが必要。



ノナカデンタルクリニック/根管治療.2

ガッタパーチャを除去してファイルを明示



ノナカデンタルクリニック/根管治療.3

ファイルを除去してガッタパーチャをつめ直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 根管治療、器具の除去
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook

2014年12月1日 月曜日 カテゴリー: 根管治療 | コメントはまだありません »