ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

前歯の根管治療の経過

 一度は終了下値の治療ですが、やり直しの治療が必要になってくることがしばしばあります。

 既にクラウンや金属のポストが入ってる場合がほとんどですので、これらを削り取ってはずさなければ治療ができません。また、前歯の場合は仮の歯が必要になります。根管の中につめてあるものや感染組織をきれいにして、ねのなかをかずりなおし、消毒いたします。そして再びつめ直します。

 下のレントゲン写真は上の前歯ですが、右側の歯の根の先の周りに黒い影があります。根の中で細菌が増殖した影響が、根の外側に影響しているのです。
 2枚目のレントゲン写真、は再治療が終了した直後です。3枚目は治療終了後、数年経過したところ。根の先あたりにあった黒い影が消えてきています。原因は根っこの中ですから、根の中をきれいにすると外側の骨や歯ぐきが治っていきます。

ノナカデンタルクリニック

根管治療 前

根管治療 治療前



根管治療 直後

根管治療 直後
ノナカデンタルクリニック



根管治療 数年経過後

根管治療 数年経過後
ノナカデンタルクリニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 前歯の根管治療の経過
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook


コメントをどうぞ