ノナカデンタルクリニック
福岡中洲の歯科・矯正歯科 ノナカデンタルクリニック 院長ブログ
口腔の美と健康、機能のトータルな回復を目指します
矯正歯科・インプラント・審美歯科・入れ歯

歯周病と部分入れ歯


歯周病の患者さんに歯周病の治療を行いまして、部分入れ歯を装着していただきました。
奥歯を4本なくされています。
中間欠損が2カ所ありますが、固定式のブリッジにはしませんでした。
歯が抜けたところはすべて、ひとかたまりの部分入れ歯の人工歯で補ってあります。

こんな感じになっています。
人工歯が4本あるのがわかると思います。
中間欠損になっているところを、
前後の歯を削って、ブリッジにして治療すると、
部分入れ歯の人工歯の数は2本になって、
部分入れ歯もやや小ぶりになります。
しかし、
設計は、こちらの方が長もてするのではないかと思います。
とくに
右上のクラウンが入っている第二大臼歯は、歯周病3度で、
骨の支持がとても少ないです。
治療により、ヨロヨロはしていませんが、ブリッジはきびしい・・・

それとも、やっぱり歯が抜けたところは・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 歯周病と部分入れ歯
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Share on FriendFeed
Share on Facebook


コメントをどうぞ